プログラム

特別企画セッション「産学連携によるデータサイエンス教育」

 滋賀大学は多数の企業と連携し,共同研究や人材育成を進めている。これらの連携について,まず,企業側の担当者から企業におけるデータサイエンスに関わる業務推進,社内データサイエンティスト教育の取り組み,企業側から見た大学に求める教育および研究など諸方面からのニーズを紹介して頂く。そして,大学側からも教育面を中心とする企業連携の試みなどをパネルディスカッションとして議論する。

日 時:2019年9月10日(火)13:00~15:00,15:30~17:30
会 場:滋賀大学・彦根キャンパス総合研究棟<士魂商才館>セミナー室I(H会場)
オーガナイザー:竹村彰通(実行委員長,滋賀大学)

■プログラム(第1部:13:00~15:00)

座長:高柳 昌芳(滋賀大学)
1. 滋賀大学におけるデータサイエンス産学連携活動 高柳 昌芳
(滋賀大学 データサイエンス教育研究センター)
2. 企業におけるデータリテラシー教育 吉野 睦
(㈱デンソー 生産技術部 F-IoT室)
3. 銀行データの利活用とデータサイエンティストの育成 町田 大樹
(㈱SMBC信託銀行 プレスティア)
4. データ×テクノロジーでビジネスを生み出すために求められる人材と環境 北村 慎也
(㈱帝国データバンク 総合研究所)
5. モビリティ革命時代における損害保険会社でのデータ利活用 大沼 顕介(あいおいニッセイ同和損保㈱,
滋賀大学 日本セーフティソサイエティ研究センター)
6. 産学連携で進めるデータサイエンスを活用した業務推進 杉尾 英昭
(東レエンジニアリング㈱エレクトロニクス事業本部第三事業部)

■プログラム(第2部:15:30~17:30)

座長:岩山 幸治(滋賀大学)
ファシリテーター:加納 圭(滋賀大学)
1. パネルディスカッション:日本三大データサイエンス学部における令和時代のデータサイエンス教育 竹村 彰通(滋賀大学 データサイエンス学部)
岩崎 学(横浜市立大学 データサイエンス学部)
林 康弘(武蔵野大学 データサイエンス学部)
盛 良太(㈱マクロミル)
大里 隆也(㈱帝国データバンク 総合研究所,
滋賀大学 Data Engineering and Machine Learningセンター)

特別企画セッション「Transnational Data Science Education and Research」

 現在,データサイエンスの教育・研究領域は加速度的に国内・国外を問わず広がっており,対象となる問題も多様化が進んでいる。研究者においてもその活動の地が国を越えて展開されるようになっており,国内においても国際的な連携・協力が進行している。このセッションでは,滋賀大学と関わる講演者を招待して広い意味でのデータサイエンスの話題を議論する。

日 時:2019年9月11日(水)10:00~12:00,13:00~15:00
会 場:滋賀大学・彦根キャンパス 総合研究棟<士魂商才館>セミナー室I(H会場)
オーガナイザー:竹村彰通(実行委員長,滋賀大学)

■プログラム(第1部:10:00~12:00)

Chairperson: Ryo Nishide (Shiga University)
1. Reconciling accessibility, reliability and safety in the programmable IoT Ian Piumarta
(Kyoto University of Advanced Science)
2. Stronger contracts in machine learning Matthew J. Holland
(Osaka University)
3. Penalized spline propensity prediction imputation method with machine learning techniques Hyonggin An
(Korea University)

■プログラム(第2部:13:00~15:00)

Chairperson: Chisako Muramatsu (Shiga University)
1. Joint Latent Class Profile Analysis for Repeatedly Measured Multiple Latent Class Variables: An Application to Stage-Sequential Process of Drug-Taking Behaviors Hwan Chung
(Korea University)
2. AI in Radiology Gobert Lee
(Flinders University)
3. Strategies for Deploying Large Cross-Institutional Robotics Projects Lotfi El Hafi
(Ritsumeikan University)